ガラスコーティング|ビルメンテナンス・道路メンテナンス・LED販売(ワンダーエコライト・大手メーカー製品全般)LED取付工事業務を中心に行っています。

株式会社キョーエーメック
お問合せフォーム

ガラスコーティング

ガラスコーティング

赤外線と紫外線をカットするエコ対策コーティング、「アイアールガード・プラス」

地域やガラスの特性に応じて機能を“プラス”した施工が可能です。


お問い合わせはこちらから。
CO2削減、消費電力量の軽減をもたらすエコ対策コーティング。

CO2をはじめとする温室効果ガスの排出によって地球温暖化が進んでいることは周知のことですが、その結果として電力消費量はますます増加しています。さらに温室の上昇に伴いエアコンの使用頻度が上がり、悪循環を生んでいます。このような状況において、建設業界では断熱材や遮熱塗料などにも注目が集まっておりますが、もうひとつの方法として、「ガラスで遮熱」という方法があります。ガラスをコーティングするこによって赤外線を大幅にカット、室温の上昇を迎え、消費電力量の軽減にも貢献できるエコ対策です。
皮膚がんや白内障から人体を守る健康対策コーティング

温室効果ガスのひとつであるフロンガスは、同時にオゾン層破壊物質とされています。オゾン層は太陽光に含まれる紫外線をカットしますが、近年このオゾン層の破壊によって有害な紫外線量が増加していることが世界的に問題となっています。有害な紫外線は、皮膚ガンや白内障、免疫低下などの健康被害をもたらすものとして警戒されていますが、これらから人体を守るには紫外線をカットするほかありません。屋外はもとより、建物内においてもガラスを通して紫外線は降り注いでいます。そこでガラスをコーティングする方法によって紫外線のほとんどをカットし、安全な室内空間を創造、健康対策として注目されています。
透明度の高いコーティングでガラスのデザイン性を維持。

ガラスに対する一般的な紫外線カット、赤外線カット対策は、可視光線のカットに起因する透明度の低下が課題とされてきました。つまり、透明度が低下することによって建物内部が見えなくなったり、太陽光の明るさまで奪ってしまうために、本来ガラスが持つデザイン性にも影響が出ることが懸念されていました。そこで、紫外線や赤外線の波長をカットしながら、可視光線領域については高い透過率を維持できる方法が求められていました。これらの性能を備えた特殊なガラスコーティングによって、ガラスの持つデザイン性と遮熱などの性能を両立することが可能となります。

coating特性

coating耐久性

効果とメリット

分光特性

お問い合わせはこちらから。

PageTop